CTime

(※この記事は2020年4月13日に書かれたものです)

 

CTimeには部活というものがあります。

部活や企画に積極的に参加している人は、認定CTimerになっている率も高いです。