東京都の私立中学受験とその対策時期【教育(小学生)】

2019年3月27日


一応“学習塾の教室長”というものを10年以上やらせていただいているので、そちらの方面からのお話もしようと思います。

 

今回は第1回目…

うーん、何にしよう(;´∀`)

 

ちょうどこのブログを書いているのが受験シーズンなので、その話をしたいと思います。

 

私の学習塾は東京のため、東京限定のお話しかできませんが、他県に通ずるところが少なからずあるとは思いますので、ページをそっとじせずにどうかお読みください(^-^;

 

東京都の私立中学は2月1日から入試が開始されます。

 

私立中学受験の特徴
・学校の成績は関係ない(少数ですが成績を見る学校もあります)
・複数回チャレンジできる
・全日程を受けると受かりやすい(程度の差はあります)
・親族の母校だと優遇がある(学校によります)
・基本的に受験科目は国語・算数または国語・算数・社会・理科
(適性検査型や、英語などを使う入試形態も増えてきました)


受験勉強はいつから始めればいいか?

(๑•﹏•)いつやるか?

ლ(ಠ_ಠ ლ)今でしょ!

冗談は置いておいてっと…

 

こどもの能力、塾に入る前の学習環境、狙う私立中学の難易度にもよりますが…

偏差値60以上の私立中学を狙う場合
小学3年生(小学4年生になる前)の2月~が一般的です。
塾に通う日数は3~4日。
<理由>
偏差値60以上の私立中学では、国語・算数・社会・理科の4教科受験が必須の学校が多く、さらに、小学校で習う学習内容だけでは到底太刀打ちできないからです。

 

偏差値50~60の私立中学を狙う場合
小学3年生(小学4年生になる前)の2月~もしくは小学4年生の夏期講習~が一般的です。
塾に通う日数は2~3日。
<理由>
偏差値50~60未満の私立中学では、国語・算数・社会・理科の4教科受験が必須の学校が多く、さらに、小学校で習う学習内容だけでは不十分だからです。

 

偏差値50未満の私立中学を狙う場合
小学校の学習内容に問題がなければ、小学6年生になるときに、
小学校の学習内容に不安があるならば、小学5年生になるときに。
塾に通う日数は2~3日。
<理由>
偏差値50未満の私立中学では、国語・算数の2科目で受けられる学校が多く、小学校で習う学習内容に少し応用力を足してあげれば十分勝負できるからです。

 

※①~③はあくまでも目安です。
学校によっては特殊な入試方法をとっているところもありますし、6年生からでも偏差値60以上の中学に合格できた子もいます。


いずれにせよ、私立中学受験をするためには相応の準備が必要になります。

 

次回は「都立(公立)中高一貫校受検とその対策時期」についてお届けします。

 

 


塾教育ランキング

LINE@登録していただくと、ブログでは公開していない○秘情報をお届けします♪