女性初のG1騎手、藤田菜七子さん!【ニュース】

2019年2月18日


日本中央競馬会(JRA)所属の女性騎手として初めてG1レースに騎乗する藤田菜七子騎手(21)が14日、滞在先の小倉競馬場(北九州市)で記者会見し、「1着でゴールを駆け抜けるような勝つイメージはしている。自分たちのレースができるように頑張りたい」と意気込みを語った。

藤田菜七子さん、すごいですね!

競馬好きの人はもちろん、競馬に興味のない人でも、彼女を知っている人は少なくないと思います。

私は後者です(笑)

競馬に興味がなくても、藤田菜七子さんには興味があります! おいおいヽ ( ꒪д꒪;)

というわけで、彼女のことをいろいろ調べてみました٩(ˊᗜˋ*)و

 

①出身

茨城県


②性格

負けず嫌い…「男子に騎乗技術では負けたくない!」との発言から。

活発…学校の運動会で開会宣言をすることもあったそう。

やさしい(思いやりの心がある)…自身が落馬したとき、騎乗していた馬のほうを心配していたことから。

(競走馬は走れなくなると殺処分されてしまうそうです)

サザエさん並みにそそっかしい…お母様の手紙より。


③騎手になろうと思ったきっかけ

小学5年生の時に「テレビで馬を見てから好きになり、競馬場で感動して騎手になりたいと思った」

 

よほど馬にインスピレーションを受けたのでしょうね。

運命の出会いというやつでしょうか。


④所属

JRA

三浦トレーニングセンター

ホリプロ

 

ん?ホリプロ!!?

騎手でありタレントってことっすか!?


⑤ご家族

ご両親と弟さんがいるみたいです。

藤田菜七子さんのお母様はどんな方?

JRA初勝利のときのお母様のコメント

「ホッとしました。これだけたくさん乗せていただいてありがたいことですし、親としては見守ることしかできないので」

「普段は菜七子と競馬の話はしませんけど、勝ち祝いはしたいですね。娘のおごりで(笑)」

 

JRA女性騎手通算最多勝利記録を更新したときの手紙

菜七子へ

 新記録達成、おめでとう。結果が全ての厳しい世界で頑張っていますね。あなたがいつも言っている「女性だから注目されるのではなく、一人の騎手として見てもらいたい」という気持ちはよく分かります。35勝のうち現地で観戦したのはJRA初勝利の時だけ。あとの34勝はテレビの前で、毎回藤田家は大絶叫(笑い)。家族は一番のファンとして応援しているだけ。新記録は、関係者の方々には感謝しかありませんね。

 中学卒業と同時に家を出たので、私にとってはあの頃のまま。相談や報告、連絡は一切ないけど、先日帰省した時、車で送ろうと思っていたら、自分でタクシーの手配をしていたので、大人だなあと思いましたよ(笑い)。成長はうれしくもあり、さみしくもあります。

 20歳の誕生日。「おめでとう」とLINEをしたら、「産んでくれてありがとう」と返信をくれましたね。一番うれしかった。

 今まで何度も、騎手になることを反対した方がよかったのかな、と悩む時がありましたが、夢を応援してきたことが間違いではなかったと、思えた瞬間でした。

 向上心、行動力、忍耐力…。

 あなたは私にないものを全て持っている自慢の娘。ただ、サザエさん並みにそそっかしいので、忘れ物などには注意してください(笑い)。これからも自分らしく生きてほしい。いつでもどんな時でも見守っています。        母より

 

菜七子さんは、明るくのびのびと愛情たっぷりに育てられたのが、これだけ見ても伝わってきます。

菜七子さんを信じて夢を応援し続けたご両親、素晴らしいです。

こどもを幸せにするのは、やっぱり親次第なんだなあと…

私も見習わなければ…

見習うべきことが多すぎてキャパオーバーですが( ̄∀ ̄;)ハハ…

 

何はともあれ、明日の「フェブラリーステークス」は、力を出し切ってほしいです!

たとえ1着にならなくても、菜七子さんの納得のいくレースができることを願います。

菜七子さんが乗る「コパノキッキング」もがんばれ!

 

Dr.コパさんの馬なんですね(๑╹ω╹๑ )

 

次ページ→追記…


LINE@登録していただくと、ブログでは公開していない○秘情報をお届けします♪