水族館徹底比較!!~えのすい、八景島、鴨シー~

2019年5月6日


うちの家族は水族館が大好きです。

妻は、割と本気(マジ)でシャチのトレーナーになろうと思ったくらいです。

3歳の息子は、水族館に連れて行かれたから好きになったのか、好きだから水族館に連れて行かれているかは分かりませんが、とにかく大好きです。

館内に入り、魚を一目見ると…

「おおー、エイがいる!おっきい魚がいるよー!」

と大声で叫ぶので、皆様の注目を浴びるほどです(;´∀`)タニンノフリ…

魚の一挙手一投足に、いちいち反応します。

促さないと、一生先には進めません(笑)

私はというと、初めはそんなに好きというわけでもなかったのですが、家族で一緒に行く機会が多いので、だんだん好きになっていった感じです。

でも何より、思いっきり楽しんでいる息子を見られるのが、水族館好きの一番の理由です٩(ˊᗜˋ*)و

娘はまだ1歳なので、ベビーカーですやすや…

さて、そんな水族館好きの我が家では、今までにいろいろな水族館に行きました。

その中から、今回はこどもと行ったことのある水族館3つを、独断と偏見で徹底比較します!


評価方法

1.水族館の規模

2.オリジナリティー

3.ショーのクオリティー

4.こどものハッスル度

をそれぞれ5段階で表します。

そして、ここに来たらこれだけは押さえておきたい!というポイントをご紹介します!


新江ノ島水族館

1.水族館の規模 ★★★

2.オリジナリティー ★★★

えのすいは、何といってもくらげが有名です。

クラゲファンタジーホールというちょっと小さめの部屋で、くらげと融合したプロジェクションマッピングを楽しむことができます。

ただ、ここにしかいない!という生き物がいないので、★3つ止まり。

3.ショーのクオリティー ★★

水槽がちょっと小さめ。

イルカショーでは、トレーナーさんが踊ったりシンクロナイズドスイミングをしたりして、それにイルカが連携するという感じ。

もうちょっとイルカの露出が多くてもいい気がします。

ショーの最中に餌をあげない試みをしているようです。

4.こどものハッスル度 ★★★★★

ここに来たらこれだけは押さえておきたい!

「くらげと融合したプロジェクションマッピング」は、おそらくここでしか見られません。

時間も決まっていて、ショーが始まると中には入れないので、あらかじめ時間を確認しておきましょう。

プチ情報

歩いて3分のところにエッグスンシングスがあります。

都会だと2時間待ちも当たり前ですが、ここは土日祝お昼時でも1時間くらいで、開店時なら余裕で入れます。

平日ならさらに空いています。

八景島シーパラダイス

1.水族館の規模 ★★★☆

2.オリジナリティー ★★★★ → ★★★

関東地方で唯一、ジンベエザメを飼育しています。飼育していました。

全国で見ても、ジンベエザメがいる水族館は〈美ら海水族館(沖縄)、いおワールドかごしま水族館(鹿児島)、海遊館(大阪)、のとじま水族館(石川)〉八景島と合わせて5つしかありません。

が、ジンベエザメがお亡くなりになってしまいました…(2019年2月19日)

ちょうどこの記事を書いているときにニュースが(இдஇ; )

3.ショーのクオリティー ★★★★☆

ショーをする水槽が大きいので、一度にたくさんのイルカがパフォーマンスできます。

6頭以上のイルカが同時にするパフォーマンスは迫力満点です!

他にもシロイルカやアシカ、セイウチなども見られます。

中央の巨大スクリーンの映像で、動物の入れ替え時にも飽きさせない工夫がされています。

ショーとしての完成度が非常に高いです。

4.こどものハッスル度 ★★★★★

ここに来たらこれだけは押さえておきたい!

ジンベエザメは外せません。

ジンベエザメは上のほうを泳いでいるので、大水槽を1Fから見るより、2Fから見たほうが間近で見られます。

(ちょうど画像が2Fです)

個人的にはもうひとつあります。

コツメカワウソと握手ができます!

コツメカワウソくんが、あみあみの通路を通るときに、手を伸ばしてくれます。

あみあみの通路を通ってくれるまで忍耐強く待つ必要はありますが(;´∀`)

鴨川シーワールド

1.水族館の規模 ★★★★

2.オリジナリティー ★★★★

なんと言ってもシャチです!

日本でシャチが見られるのは、名古屋港水族館とここの2つだけです!

3.ショーのクオリティー ★★★★

シャチ、イルカ、アシカなど全て違う場所でショーをします。

やはりシャチのショーは圧巻ですね!

席の中段より上まで水しぶきが飛んでくる大迫力!

レインコートを売っているので、濡れたくない方はご購入もしくは上段でご観戦ください(;´∀`)

4.こどものハッスル度★★★★★

ここに来たらこれだけは押さえておきたい!

体験プログラムというのがあって、別途料金を払うことで、シャチやイルカなどの動物たちと触れ合えたり、写真を撮ったりできるんです。

数年前までは館内の販売所で購入することで、シャチにキスをしてもらえたり、シャチと写真が撮れたりしたのですが、今はありません。

ホテルの予約にパックとしてついている特別なものだと、シャチに触れ合えたりできるものもあるようです。


さて、いかがだったでしょうか?

こどものハッスル度が全て★★★★★じゃないか?

はい、全ての水族館でテンションマックスでしたから( ꒪д꒪ )

でも八景島のコツメカワウソくんと握手できたときが最高潮でした。

息子はキャーキャー!

コツメカワウソくんもピーピー!

波長が合っていたのでしょうか(笑)

まだまだ書き足りない、お伝えし切れていない部分が多々ありますが、今回は一旦ここまでとします。

またまとめたものをいつか投稿しようと思います…いつか(; ̄∀ ̄)


子育てパパランキング


LINE@登録していただくと、ブログでは公開していない○秘情報をお届けします♪