このブログを購読

トーマスランドをお得に楽しむための3つの方法!!

2019年5月9日


入園料やフリーパスについて

実は無料で入場できます。

ただし、アトラクション毎に400円or500円かかります。

フリーパスは富士急のフリーパスと共通で、全てのアトラクションを楽しむことができます。

フリーパスは富士急のHPから購入できるE-TICKETSを利用すると、通常料金よりお得になります。

大人(18~64才)adult(18~64)・・・ 5,300円 通常5,700円
中人(中高生)youth 12~17) ・・・ 4,800円 通常5,200円
小人(小学生)child 6~11才) ・・・ 4,000円 通常4,300円
幼児(未就学児)infant(1~5才)・・・ 1,900円 通常2,000円
シニア(65才以上)senior(65~) ・・・ 1,900円 通常2,000円  (富士急HPより抜粋)

フリーパスを買うのと、その都度チケットを買うのとどちらがお得なの?

400円のアトラクションしか乗らないと仮定した場合、

フリーパスの料金÷400=チケットで乗れる回数

となるので、例えば幼児の場合

1900÷400=4あまり300円

となりますので、5回乗れば元が取れます

しかし、ここで見落としてはいけないのが、一緒に乗る大人も料金がかかるということです!

大人の場合

5300÷400=13あまり100

14回乗れば元が取れます

ママとパパ2人いたら、合計27回は乗らないと元が取れない計算です。

じゃあ子供だけフリーパスにして、大人はチケットでいいのでは?

と思われますよね?

結論から言うと…

大人もフリーパスを買ったほうが良い

です。

これにはいくつかの条件があります。

①フリーパスはメルカリで買うべし!

フリーパスは通常5700円、E-TICKETS利用でも5300円。

一方、メルカリの場合

大人のフリーパスは大体1枚4500円くらいが相場です。

たまに2枚で8000円(1枚4000円)で出てたりするので、ゲットできたらラッキーです。

ちなみに幼児など、子供のフリーパスは出品数が少ないので安く手に入れるのが難しいですが、1000円くらいで出品されるケースもあるので、ゲットできたらラッキーです。

大人4500円×2(メルカリでママとパパ分ゲット)、幼児1900円(E-TICKETS利用)を例にすると、

幼児の場合は5回乗れば元が取れます

大人の場合は

4500÷400=11あまり100

ママとパパ二人合わせて23回乗れば元が取れる計算です。

いやいや、23回も乗らないでしょ?

乗れたとしても飽きるわ!

でかでかと

大人もフリーパスを買ったほうが良い

とか言っておいて、そりゃないよ!

ここまでだとそう言われても仕方ありません。

ぐうの音も出ません(笑)

ここで2つ目の条件

②トーマスランド以外のアトラクションも楽しむべし!

冒頭でも書きましたが、富士急のフリーパスはトーマスランドを含め、園内全てのアトラクションと共通です。

なにもトーマスランドだけで使わなきゃいけないなんてことはありません。

実際私たち家族は、トーマスランド以外に

シャイニング・フラワー(大観覧車) 800円×3=2400円

メリーゴーラウンド 800円×3=2400円

ティーカップ 800円×3=2400円
合計7200円分をトーマスランド以外で使いました。

大人4500円×2(メルカリでママとパパ分ゲット)、幼児1900円(E-TICKETS利用)を例にすると、

フリーパスでかかった金額(4500円×2+1900円=10900円)から7200円を引くと3700円となり、実質3700円で大人2名、幼児1名がトーマスランドで遊べてしまう計算になります。

ママはFUJIYAMA(2000円)も乗るつもりでしたが、強風でストップしてしまっていたため断念。

私は絶叫系は苦手なので…

他のエリアも楽しむことで、飽きずに1日遊びつくすことができます。いや、到底1日では遊び尽くせません。

いやいや、富士急エリアなんか並ばないと乗れないし、FUJIYAMAなんかめちゃくちゃ混んでるし、全然乗れないでしょ!?

でかでかと

大人もフリーパスを買ったほうが良い

とか言っておいて、そりゃないよ!(2回目)

はい、すみません(ぐうの音も出ない)

そこでとどめの3つ目の条件

③平日に行くべし!

実際に最近行ったのは、3月上旬の平日。

開園と同時に入りましたがガラ空きでした。

トーマスランドなんかほぼ0分待ちで、降りては乗ってを繰り返しましたし、富士急エリアのシャイニング・フラワー(大観覧車)メリーゴーラウンドティーカップでさえも0分待ち。

FUJIYAMAは(強風でストップするまでは)さすがに並んでましたが、開園してすぐに見たらほとんど並んでいませんでした。(あのとき乗っておけばとママが後悔してました)

メインはトーマスランドだったので、それはしませんでしたけどね。

ちなみに私たち家族がフリーパスではなく、チケットだったとしたら

トーマスランドの全てのアトラクションを1回ずつ(2名)=9400円

それ以外に

トーマスのハッピースマイル×1回(2名)=800円

ホッピング ウィンストン×1回(2名)=800円

いたずらクランキー×2回(2名)=1600円

GO!GO!バルストロード×2回(2名)=1600円

うきうきクルーズ×5回(2名)=4000円

ロックンロールダンカン×8回(2名)=6400円

(※親子ペアで乗ったので2名ずつの計算になってます)

トーマスランドだけでも合計24600円分遊びました。

富士急エリアでの7200円を合わせると31800円分遊べたことになります。

大人2人と幼児1人にかかったフリーパス代が10900円ですから、かなりお得だったと言えます。

あと、これは数字に出ない部分なんですが…

チケットって乗るものによって金額が違うんです。

500円のアトラクションに400円のチケットでは乗れないですし、400円のアトラクションに500円のチケットだと、使えるけどお釣りが出ません。

そのアトラクションがいくらなのかの表示が、ちょっとわかりづらいんですよね。

だから、フリーパスを持っていないパパと子供が、400円のアトラクションに乗ろうと思ったけど、500円のチケットしかもっておらず、パパがスタッフに「お釣りは出ますか?」スタッフ「お釣りは出ないんです、すみません」パパがママにそれを伝達し、ママが急いで400円のチケットを2枚買いに行って、それをパパに渡しに行って…

書いてるだけでもあわただしい(笑)

なんて光景も珍しくありません。

でもフリーパスを持っていれば、そんなこと気にすることもなく存分に楽しめるんです。

小さなことを気にしないで遊べる。

これって結構重要なことだと思います。

まとめ

①フリーパスはメルカリで買うべし!

②トーマスランド以外のアトラクションも楽しむべし!

③平日に行くべし!

以上3つの条件をそろえられるなら、

断然、大人もフリーパスを買ったほうが良い!

以上、参考になってくれたなら幸いです♪

こちらも併せて読んでいただくと、よりトーマスランドを楽しめるはずです!

トーマスランドの11個のアトラクションをランキング形式で紹介!


子育てパパランキング


スマートパス

LINE@登録していただくと、ブログでは公開していない○秘情報をお届けします♪