固くなったパンを簡単おいしくアレンジ!

2019年5月6日


いつも見てくださってありがとうございます。

ゆーひまです。

 

うちはよくコストコに行きます。

コストコのパンは安くておいしいのですが、量も多いので、夫婦と3歳児と1歳児の4人では賞味期限までに消化することはほぼ不可能です。

賞味期限を過ぎたパンは水分が抜けて固くなってきます。

そのまま食べるとふわふわ感がなく、ぱさぱさしています。

子供たちも食いつきが悪くなります。

そこでうちでは、そんな固くなってしまったパンを簡単おいしくアレンジして食べています。

これで心おきなく、大量にパンが買えるというもの(*´ω`*)

今回はベーグルをアレンジしたものを紹介します。

 

タラタッタッタッタッタ、タラタッタッタッタッタ、タラタッタッタッタッタッタッタッタッタッ…♪

材料 (大人1人+幼児2人分)

(固くなった)ベーグル  1個
バター(なければマーガリン) 適量(フライパン全体に薄く塗れる量)
1個
牛乳 100cc
砂糖 大さじ1
 
①平たいお皿に「卵1個・牛乳100cc・砂糖大さじ1」を入れて均一になるまで混ぜます。
 
②固くなったベーグルを側面から切り、半分にします。
(ベーグルは表面から水分を吸収しにくいため、できるだけ切った部分の表面積が大きくなるように切ります)
 
 
③さらに一口サイズにカットし、切り口が下になるようにして①に入れ、1~2分待ちます。
 
 
④その後ひっくり返して染み込ませます。
 
 
⑤フライパンにバター(もしくはマーガリン)を引いて③を全て投入します。
 
 
⑥1~2分強火で片面を焼き、ひっくり返して弱火にしてふたをします。
 
 
⑦香ばしい良いにおいがしてきたらできあがりのサイン
 

⑧お皿に盛り付けて完成です。

(お好みでメープルシロップやハチミツをかけても良いでしょう)

 

料理に不慣れな私で約15分、手際よくやれば10分くらいでできちゃうと思います。

これだけの作業で固くなったパンをおいしく食べられて、子供たちもパクパク食べてくれるのですから安いものです(*´ω`*)

今回は子供向けに焦げ目があまりつかないような調理の仕方にしてますが、お好みでアレンジしてみてください٩(ˊᗜˋ*)و

また、食パンなどのオーソドックスなパンでも同様にできます。

個性の強いパンに応用する場合は、自己責任でお願いします(;´∀`)

 

ただし、皆様に気をつけていただきたいことが1点だけあります!

 

 

 

それは…

 

 

 

 

材料 (大人1人+幼児2人分)

ママ息子の分しかないΣ( ꒪д꒪ lll)パパの分


子育てパパランキング

LINE@登録していただくと、ブログでは公開していない○秘情報をお届けします♪